低炭水化物ダイエットの危険についてのまとめ。

低炭水化物ダイエットは、最近は良く聞くダイエット方法のひとつです。

その話題のダイエットである低炭水化物ダイエットの方法は、お米やパンのような炭水化物を絶つことです。

体に貯蓄された皮下脂肪を消費させるダイエットです。

実はここに、低炭水化物ダイエットの危険が潜んでいるのをご存知ですか。

お米やパンを一切食べないという炭水化物を極端にカットする方法は、生活習慣病の原因となってしまうのです。

アトキンスダイエットとして、アメリカでも同じく炭水化物をカットする低炭水化物ダイエットの方法があり、数多くの成功例もあがっているようです。

アトキンスダイエットは、インシュリン効果があり血糖値の上昇を抑えます。

アメリカでのアトキンスダイエットは糖尿病食のアレンジとして採用されているようです。

アトキンスダイエットには、糖質をカットする効果があるのですが、糖質は脳になくてはならない栄養素で、これをカットすることによって、違和感や偏頭痛を訴える人が多いのです。

低炭水化物ダイエットによる反動で動物性食品を過敏に摂取するようになる傾向があるようです。

その結果として生活習慣病を招きやすくなるようです。

日本人の場合は、便秘のリスクも高めることになります。

その理由は日本人の腸の長さに関係するようです。

日本人は、炭水化物を好む傾向が高いため、低炭水化物ダイエットを長期続けるのは難しいと思います。

低炭水化物ダイエットは短期に体重を落とすには効果的ですが、健康面を考えるとリスクが高いのも事実です。

ダイエットと平行してバランスの良い食事を取るというダイエットの方が、日本人には向いてるかも知れません。

リンク

簡単ダイエット01 - ダイエットのリバウンドについて簡単ダイエット02 - ダイエットと運動簡単ダイエット03 - カロリー計算とダイエット簡単ダイエット04 - 短期ダイエットの前に簡単ダイエット05 - 短期ダイエットのポイント簡単ダイエット06 - 低炭水化物ダイエットの危険簡単ダイエット07 - 通販で話題のダイエットクッキー簡単ダイエット08 - クッキーダイエットのメリット